2006年09月02日

エミリー・ローズ(ホラーと法廷劇の実話)

2005年作品 本編119分  主演 ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン

●あらすじ
ごく普通の19歳であった女子大生のエミリー・ローズ。
ある晩の午前3時、激しい幻覚と共に彼女は自分に何かが
取り憑いている事を確信し彼女は医学ではなくムーア神父に
すべてを託すことにした。
しかし、悪魔祓いの儀式の後、エミリーは命を落としてしまう。
起訴されたムーア神父の裁判が始り、そこで神父はエミリーの
身に起こったことを法廷で語り始める・・・。

ひさびさのホラー映画です。
隣の問題でなかなか観る事は出来ないのですが、
今回はなぜかあっさりOKサイン。
って、訳で( ̄ー+ ̄)キラリと見始めました。
実話と聞いていたので、本当にあったのかな?と思いながらでしたが
本当だとすれば、エミリーって子はすごい子です。ヽ(´ー`)ノ
回想シーンと法廷との切り替わりは違和感なく見れるのでご安心を。

隣では「・・・見るんじゃなかった・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン」でした
posted by あおぞら at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23174443

この記事へのトラックバック

『エミリー・ローズ』
Excerpt: 原題は『The Exorcism of Emily Rose』。 Exorcism=悪魔払い(の儀式)、 からも読み取れるように、ホラーです。 おいら、ホラーは苦手。。 と、思いつつもけっ..
Weblog: naohitoがぼそっと。
Tracked: 2006-09-03 12:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。